病気でもないのに、足がだるくて、重くて座っても立ってもしんどいっ!!っていうこと ありませんか‼️

 

その足のだるさの多くは、足の血流が悪くなっていることが原因です。血流が悪くなり、血流が滞った状態をうっ血と言います。

 

  • 足がむくんだり、だるさが生じる「うっ血」(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

私たちの体内を流れる血液は心臓から送り出され、手先や足先の毛細血管を通り、今度は静脈やリンパの流れを通ってまた心臓に戻ってきます。(^O^)

このとき、血液は身体にとって大切な酸素や栄養分を各器官に届けるとともに、余分な老廃物などを回収する役割をしています。(^O^)╭( ・ㅂ・)و ̑̑

特に足は血液を下から上に送り返すポンプ作用をしている大事な器官です!(^^)

ふくらはぎは第2の心臓‼️なんて聞いたこともあるのでは⁉️(^-^)

その大切な足でうっ血が起こると血液中にある老廃物などが流れずに溜まってしまいます(T ^ T)

この状態が続くと足がむくんだり、だるさが生じるのです。(xдx;)

 

  • 老廃物を流して足のだるさ.重さを改善するマッサージやストレッチをやってみましょう(๑>◡╹๑)

 

足のだるさを改善するには、うっ血を解消することが大切です(ง`0´)ง

血液の流れを良くすることによって老廃物をじゃんじゃん流してしまいましょう(o^^o)

そのためには足のマッサージがおすすめです。ポイントは股関節近くにあるリンパ節から始めることです(๑•̀ㅂ•́)و✧

それは何故なんでしょうか

 

 

それは秘密️です(^O^)

というのは冗談で、ヒントは『骨盤の関所』です(^^)

どういう事か説明しますと、血液やリンパ液はは足先〜ふくらはぎ〜膝裏〜太もも〜骨盤〜上半身に戻ってきます!

その時に要所の骨盤を通過するのですが、一気に下から流れてきたら骨盤の手前の股関節のリンパ節で溜まってしまい流れが悪くなってしまいます(´。;ω;`)

高速道路で料金所がが混み合うような感じです(^O^)

 

なので、骨盤の前にある関所の門を開けておく必要があります(^-^)

それが股関節のリンパ節なんです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

鼠径リンパといわれる足の付け根を優しくマッサージして関所を開門します(ˊᗜˋ*)

そして足先を回します!まずは、指回しです。片足の指を一本ずつ両手を使って回しましょう。(^^)

次に、足首をできるだけ大きく回します。立って行っても座って行ってもかまいません。さらに、ふくらはぎを両手でつかんで、下から上にくるくるともみあげます。(^O^)

最後は、座った状態で片足の膝を立てます。立てた膝の裏に両手の親指をぐっと差し込み、その状態で円を描くように足を大きく回します。٩( ‘ω’ )و

膝の裏側にはこれまたリンパ節がありますから、ストレッチで刺激することが大事です。(๑•̀∀- )و

老廃物が流れれば足のむくみは改善します‼️

さぁ!これをご覧になっているあなたも、テレビを観ながらやってみて下さいね(o^^o)


The following two tabs change content below.
笹原 敏史(ささはら としふみ)

笹原 敏史(ささはら としふみ)

おカラダ工房 魁-kai- 院長。大手整骨院グループの中で5店舗の院長を歴任し、広島地区、博多地区の統括院長として勤務する。 治療家としても13年間の治療家人生で75000回を超える施術件数。2017年までは来院患者様数延べ80000人を超える整骨院の院長として情熱的に働く。
笹原 敏史(ささはら としふみ)

最新記事 by 笹原 敏史(ささはら としふみ) (全て見る)

※効果には個人差があります

おカラダ工房 魁-kai-の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
おカラダ工房 魁-kai-は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

施術中は電話に出ることが出来ません。
こちらから必ず折り返しご連絡差し上げますので、
留守番電話にお名前、ご連絡先のご伝言をお願いします。
TEL 082-569-4519 受付:9:00~19:00(最終受付18:00)
休診:日曜・祝日(出張・勉強会で不定期の休みあり)
住所:広島県広島市佐伯区八幡東4-3-8-6
最寄駅:高井バス停徒歩3分
地図・行き方