40代  男性  右肩の痛み で来院

右肩前部の痛み、

肩を上げると痛い、肩を上げて水平に動かすと特に痛む

症状.状態

右肩前部の痛み

肩を上げようとすると痛む

肩を上げて水平に動かすと特に痛む

右肩甲骨の内側の硬さが顕著

右の二の腕がパンパン

右の大胸筋にも硬さが見られる

原因

木の剪定をする為にチェーンソーを持ち上げ、2時間ほど作業をしていたら右肩がだんだん上がらなくなってきた(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

施術

右腕と右大胸筋の硬さが顕著であり、それにより肩が内側に引っ張られて内巻き肩になっているので、まず右腕と右胸をゆるめる

胸を張った姿勢になってもつっぱり感が無くなったことを確認(o^^o)

横向きの姿勢で肋骨、腋の下、肩甲骨の内側を継続的に揺らして緊張をとる

仰向けでバンザイを🙌してもらい肩の痛みをチェック、痛みは来院時の30%くらいまで減少(*^◯^*)

肩の動く範囲も25°拡大(๑•̀ㅂ•́)و✧

右肩の熱っぽさ、が左手肩に比べてもまだ残っていたので、ご自宅でのアイシング、冷湿布をお伝えして施術を終了しました。

余談

チェーンソーはエンジンもついていて相当重いそうです(´□`。)°゚。

肩の高さまで持ち上げてきれいに剪定しないといけないので、力と集中力が必要とのこと(^-^;

早めに終わらせたいので、休みなくぶっ通して作業をしてしまったのが、痛みの原因でした。

まずは、痛めたところを触ってみて熱くなってないか確認して下さいね(^-^;

手のひらより熱かったらまずはアイシングをしてみて下さいね(๑•̀∀- )و

これからもお仕事を頑張っていただく為にも痛くなったら早めの来院をおすすめします♪

我慢のし過ぎは大怪我の元です(。• ̀д•́) 

今日も仕事終わりのビール🍺が美味い(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 


The following two tabs change content below.
笹原 敏史(ささはら としふみ)

笹原 敏史(ささはら としふみ)

おカラダ工房 魁-kai- 院長。大手整骨院グループの中で5店舗の院長を歴任し、広島地区、博多地区の統括院長として勤務する。 治療家としても13年間の治療家人生で75000回を超える施術件数。2017年までは来院患者様数延べ80000人を超える整骨院の院長として情熱的に働く。
笹原 敏史(ささはら としふみ)

最新記事 by 笹原 敏史(ささはら としふみ) (全て見る)

※効果には個人差があります

おカラダ工房 魁-kai-の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
おカラダ工房 魁-kai-は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

施術中は電話に出ることが出来ません。
こちらから必ず折り返しご連絡差し上げますので、
留守番電話にお名前、ご連絡先のご伝言をお願いします。
TEL 082-569-4519 受付:9:00~19:00(最終受付18:00)
休診:日曜・祝日(出張・勉強会で不定期の休みあり)
住所:広島県広島市佐伯区八幡東4-3-8-6
最寄駅:高井バス停徒歩3分
地図・行き方